どうしてもお金がない時でも絶対確実にお金貸してくれる所

どうしてもお金がない時でも絶対確実にお金貸してくれる所

家族や友人、恋人からお金を借りるのは無利息だからお得だって?

急な出費が相次いでお金が足りなくなってしまった時。

預貯金残高も少ないので、お金を借りて工面しますが、この時、消費者金融のキャッシングやカードローンを使ってお金を借りるでしょうか。

それとも身近な親や兄弟、恋人や友人といった人たちにお金を借りるでしょうか。

消費者金融のキャッシングやカードローンでお金を借りる場合、メリットは非常に手軽でいつでもお金の借入を行うことができる点でしょう。

デメリットとしては、利息の支払いが大きくなることです。

身近な人からお金を借りる場合は、メリットとしては、話し合いによっては利息を払わず無利息でお金を借りることもできるという点です。金融機関ではないので、借り入れる限度額などもお金を貸す人が貸せる金額ということになります。

デメリットとしては、手軽に借りることはできないし、お金を借りることによってそれまでの関係も損なわれてしまう可能性があることです。

どちらがいいとも悪いとも言えないと思いますが、身近な人からお金を借りた場合、特に親や兄弟などの親類であれば、お金を借りた、お金を貸したという事実は死ぬまで同つきまとうことになるでしょう。

友人や恋人からお金を借りる場合も、それまで良いお付き合いができていたのが、お金を借りたことによって、変に引け目を感じるようになったり、相手が 恩 着せがましくなったり、など、関係が変わってきてしまうことは、避けられないと思います。
お金を借りる消費者金融・キャッシングはこちら

人間関係の変化を恐れるか、消費者金融の多重債務を恐れるか。

消費者金融やカードローンでお金を借りる場合は、人間関係の面倒くさいところは避けることができますが、きちんとお金を返せないと借り入れが大きなってしまいます。

借り入れたお金を返済するために、また新たにお金を借りる所探すという多重債務に陥ってしまう可能性もありますし、多重債務に陥ってからは、さらに金融ブラックでもお金を借りれるような中小の消費者金融に手を出すようにもなるでしょう。

今は、借り入れ総額が、年収の3分の1までに制限されている総量規制が実施されているとはいえ、年収の3分の1以内の借入であっても、年収の3分の1を返済するというのは非常に大変な事です。

身近な人からお金を借りた場合は、相手がよほど強く言い出してこない限り返済期限も曖昧にすることができますが、基本的に借りたお金は借りた側が誠実に毎月何日と日にちを決めて返済していくものです。

貸した相手の方からは、お金を借りた人に強く返済を求めにくいものです。

自分が大切な人に何十万円も人にお金を貸したとして、強く返済を求めることができるでしょうか。

こうした相手の温情に甘えるような形での返済の引き延ばしは決してしてはいけません。

身近な人からお金を借りた場合は、他の消費者金融からお金を借りた場合以上にきちんと誠実に期日を守ってお金を返済していくことが大切です。


ホーム